染付輪花菊花文小鉢
2009.07.24 Friday 12:14
 
 
今日の一品、染付輪花菊花文小鉢

きょうは、ちょっと疲れてます。・・・〜

そういえば・・蝉が鳴いてるなぁ、夏なんだぁ、泳ぎたい☆

****************************************

ところで・・きょうはトラックバックと言う手法ができれば、どんなものか試してみたくなるようなところでした。が・・・じつは、忙しい。

で、書と轆轤についての記事がありましたので、リンクしました。
タイトル『
轆轤(ろくろ)と書の動き


『心の免疫力〜書とことばから』引用しました。ただ今テストしております。

ひととひととの繋がり、芸と芸の繋がりの妙、是非。

もともと「書く」は、実は五感の所作なのだと思う。
そう毛筆の頃は。

墨を磨り、その香りや時間を感じながら、筆の弾力をからだで感じながら
消しゴムも使えない一発勝負。

そこには呼吸があって、リズムがあって。

うん・・書の魅力のひとつは、この筆触なのかもしれない・・と、
| 自己紹介と作品集 | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/07/24 12:48 PM posted by: けいしゅう
サボタージュと云うと、なんとなく群集の堂々たる訴えに聞こえ、サボルと云うと貴方や僕のように、個人的な意味に聞こえて、そして世間的にもやましく聞こえて、可笑しいね。  でも、サボる結果も自分で背負うのだから、世間より自分の歩幅で歩こうよ。      でも 、、、結果を考えたらゾッとするね!
2009/07/24 7:40 PM posted by: clayman
けいしゅうさん
そう云えば・・ぼくたちはまるで現代を生きる軽業師かもね。
7月21日の貴方のブログ、水道管の上を渡る懲りない少年のように・・・
どんなにびしょ濡れになっても、こっぴどく叱ってくれる爺さんや先達はもういない。あの幼い頃の遊びこそ、今のぼくたちの平衡感覚を育ててくれた唯一の罪なのかもしれない♪と思うと自然と自分の歩幅も分かってくる気がしてくる。少なくとも、こんなブログのやり取りをしているところをみると・・ぼくたちもまだまだ、大人になりきっていないのかもしれない。いや、少なくともぼくは・・と思いました。メッセージありがたく受け止めました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM