5月の陽光
2020.05.24 Sunday 11:42

 

 

 

石原慎太郎の小説「太陽の季節」は「裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、感情を物質化する新世代を描いた作品」らしい。

 

おおよそ「清貧」を生き続けるオイラとは真逆なのだが…

 

降り注ぐ太陽の光量は同じだ。

 

問題は「どう生きるか」

 

5月の陽光が眩しい。

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM