初期伊万里の陶片
2017.09.08 Friday 12:44

 

 

ぼくは明代の焼物をリスペクトしながら、古伊万里の焼き物に焦点を合わせることがある。

 

特に、初期伊万里のそれは陶器の気分が漂う。

 

その厚み、釉薬の照り、口径、高さ、高台の造り、呉須の味わい、

 

すべての表情が堪らなく、シャッターを押す。

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(1) | - | pookmark |
Comment
2017/09/09 7:28 PM posted by: hirai-atom
アルチザンさま
 軟らかさのある染付はホッとしますね。

               亜土夢
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM