原木探し
2017.06.18 Sunday 09:52

 

 

この時期になると、冬の薪を確保して置かないと、とんでもないことになる。

 

僕のような田舎家暮らし、谷間のいちばん深い所、うつくしい自然、野生動植物たちとの共生、つまりそれだけ厳しい環境下にある。

 

ここに来たのは、ある年の3月20日、お彼岸のその日、石油ストーブを点けても焼け石に水とはこの事で、まったくストーブの役割を成さなかった。

 

爾来、薪ストーブが我が家の家族のように年中お役に立ってくれる。

 

その薪の使用量、年間おおよそ8から10トン。

 

薪は最近ではインテリアの一部となって、雰囲気づくりのトレンドで、その薪も美しく切り揃えられている。

 

つまり、高い価値を生み出す。

 

昨日、その薪のための原木を探しに、加賀市にある薪屋に出掛けた。

 

写真はその一部、

 

「原木で欲しいんだけど」

 

業者にとっては、原木に手を加えて薪にしないと、、、、

 

その差は、倍以上だしね。

 

10トン、25万では、、やっぱり考えるよね 。

 

田舎暮らし 、楽じゃないのです。

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM