吸坂茶碗
2017.04.05 Wednesday 13:50

 

 

二十年ほど前に制作した茶碗が里帰りした。

 

「預かりましょう」という事になり、

 

このサイトでご紹介できる事になった。

 

「黄伊羅保茶碗」となっているが、

 

釉薬として使った原料は、昨日このブログ記事で紹介した「吸坂」の山で採取した黄土、

 

薄く施釉し、還元焼成したのち、一気に窯の蓋を開け「酸化」させると、綺麗な黄になる。

 

不思議なもので、初めから「酸化」でやると綺麗だけど、深みが出ない。

 

 

iPad Air  クリップレンズ望遠 使用

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(2) | - | pookmark |
Comment
2017/04/06 5:53 PM posted by: hirai-atom
アルチザンさま
 「伊羅保」ですね。いろんな経験や体験が作り手には必要ですね。
                      亜兎夢
2017/04/07 4:20 PM posted by: clayman
亜兎夢

これしかできない、ってのも『強』だったりして、、
よろしければ、インスタからどうぞ(笑
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM