珪酸鉄を擦る
2017.07.27 Thursday 16:40

 

 

「青磁」というやきものがある。

その「青磁」にも種類があり、ある種の傾向があるように思う。

「青磁」は中国が発祥だが近代の日本の陶芸史のなかでは、その再現に心を燃やした時代があったようだ。

 

 

化学の進歩によって、今や「青磁」はだれにでも再現できるようになり、従ってその価値も評価も安定期に入っている。

つまり、もうある程度「完成」されている。

 

 

話は違うが、「天目」などもおなじで、遊ぶ余地の無いつまらない焼物になってしまった。

 (ぼくの私見ですが)

そんな「青磁」に風穴をあけたのが清水卯一や三浦小平二だろうか。

 

 

先だって ある料理屋さんから、そんな「青磁」の器の依頼が来た。

「永楽銘」の入ったもので、その銘の押印の方法がどうしても解けなかった。

 

 

そんなことがあって、持ち前の好奇心が刺激され、今回は金銭抜きの仕事になってしまった。

 

釉薬の半分はこの僕の住む村を流れる川石を使ってみた。

色見本を送ってみると、依頼者の注文は「もう少し濃く」

そんな訳で、、、、

 

今日の写真はその「青磁」を濃くする為の「種」珪酸鉄というものを擦っているところ。

 

 

モノを制作する「動機」、それは人それぞれだ。

たわいのない「動機」が人のこころに火をつける事がある。

ま、それはぼくの「遊び心」なのかな。

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
暗闇の先には、
2017.07.26 Wednesday 19:13

 

 

各地で災害が続く、

僕の住まいも、山の谷間にあり他人事ではない。

住んでいる僕の家の先は、もう誰も住んではいない。

迷宮への入り口だ。

 

 

 

 

若い工芸家たちがこの先に工芸村をつくろうと企画していたのも、つい最近のように思う。

人と人とのつながりのように、チョットした齟齬が足許をすくうのだ。

いつかまた、そんなご縁があるように、僕は信じているのだけれど、

そのときはきっと、このさきはもっと明るく陽が射していることだろうと、カメラに収めた。

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
神々の棲む、、
2017.07.17 Monday 10:55

k

 

 

ぼくの工房のある村から車でおおよそ20分、その村は、旧山中温泉町にあるダム湖から暫く上流にあった。バックウオーターと言ってその場所は丁度そのダム湖に渓流が流れ込む場所で、当時まだ若かった頃、渓流釣にはまっていた僕のヤマメ釣りのポイントでもあった。其処はちょっとした集落で、後に栗をくり抜いて造られた盆が古美術店で見掛ける「我谷盆」の産地だと知る。残念なことに、その村はそこからまだ上流のダム建設のため日本の原風景とも思われる建造物共々私たちの視界から消えてしまった。ただ、一つの文化、伝統的な工芸とも言える「我谷盆」の存在だけは今でも受け継がれようとしている。開発という破壊のなかにあって、連綿と受け継ぐ木工家が、その我谷から2キロほど離れた場所で制作に勤しんでいるのであった。

 

 

 

 

この場所もまた、人々の記憶の奥底にひっそりと佇むのである。「風の谷」、その集落を言う。6月になるとお隣の福井県から百人を超える人々が徒歩で集まり祭事が開かれると言う。それもまた、森の中の幻想的なできごとなのだが、渓流釣りができる歳でなくなった今、祭りだけは見に行ってみたいと考えている。先日、「神宿る島」沖ノ島が世界遺産に認定されたという。良いのか悪いんだか・・・・「風の谷」には「俗」な風は要らないように思った。

 

 

写真 : 木工家の森口信一さん  フェースブックはこちら⤵

 

 

https://www.facebook.com/events/228580410888683/

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(2) | - | pookmark |
謎の世界
2017.07.16 Sunday 17:05

 

モバイルを手に入れてから暫くすると、カメラが壊れた。

 

以来、写真は専らモバイルに付いているバカチョンカメラに頼っている。

 

実は、これがイケてるカメラで、結構綺麗に写る。

 

つまり、欠点はその反対にボケの気分が表現できないことで、これを補填するためのソフトがアップルストアから無料で手に入る。

 

今日の写真はそんなアプリの一つで、任意に指定した場所をあたかも被写界深度が効いているかの如く加工してくれる"魔法の"アプリだ。

 

便利になって、いろんなことが出来るようになってきたけれど、使わない人にとっては無用のものがそのストアにあるから面白い。

 

案外、そんなソフトを制作する仕事がビジネスに繋がるらしいが、、、無料だとどう課金するのか、僕にはまだ謎の世界なのだ、

 

写真 : 色絵松竹梅文筒碗

 

 

インスタグラムのサイトはこちら ⤵

 

https://www.instagram.com/fujisawa_shigeo

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
邪心
2017.07.15 Saturday 19:30

 

 

最近、ブログともご無沙汰だ。

 

「楽しみにしてます、、」なんて、今日もこの加賀市にある美術館のボランティアの方に、

 

ところでこのブログ、記述するのは決して思いつきではなく、其れなりのモチヴェーションってのがある。

 

だいたい前日に構想をたてる。

 

後はぶっちゃけなんだけど、その方が勢いってのがあって、陶芸のロクロに似ている。

 

 

この仕事をするようになってしばらくした頃、

 

物を見る目に二つの目があることに気づいた。

 

ひとつは、文字通り「物を見る目」

 

そして、もう一つは、、、、「物を作る目」

 

一番目は、少し慣れれば誰にでもできるようになると思う。

 

例えば、お茶をやってる人が来る、殆んど間違いなく良いものを選びなさいます(笑

 

しかし、「作る方の目」ってのは......

 

 

 

そう言えば最近「切れ味」のあるお料理ともご無沙汰だ。

 

料理も器も似ているようにおもう。

 

 

今日はインスタお休みでした。

 

インスタグラムも、思い付きでは出来ないだろうなーと思うのであります。

 

写真 : 山中温泉、風谷の風景

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
暴れ川
2017.07.04 Tuesday 12:59

 

 

この加賀市に何本かの川がある。

 

その中でも、「日谷川」と言っても多くの市民には馴染みがない川がある。

 

その川床の鉱質を知る者は殆ど、その道の地質を調査した国土地理院あたりくらいは把握しているかも知れないけれど、

 

窯で焼いたのは僕くらいだろう。

 

 

写真上は、永楽銘が記された天龍寺写しの酒盃(右上)

 

左下、酒盃はこの川床の鉱石を砕いて釉薬にして僕が焼いたもの。

 

この青磁釉に名前を付けるとすれば、さて何と名付けようかな 、と思うのでありました。

 

因みに、「日谷川」は僕の家の前を流れる「暴れ川」といわれている。

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(4) | - | pookmark |
歯の話し
2017.07.01 Saturday 21:24

 

 

「こ、これよ、これが終戦直後の歯よ!」

 

二階の娘を大声で呼んだのは、京都にあった歯科の女医。

 

その当時から相当悪かった歯だけれど、娘たって大学生くらい、おいらだってまだ二十代。

 

口を大きく開けさせて、それを娘に覗かせ.....

 

 

以来、歯医者は愈々ダメになってからと決まっていたが、

 

いかんせん、咀嚼ができなくなるとあちらの歯もこちらの歯も、忽ち口腔崩壊の様相を呈してきた。

 

こうなると、どこの歯科も逃げ腰で、それとなくよその歯科を推薦する、

 

 

あちらで無視され、こちらでことわられ、、

 

運良く辿り着いたのが、今の歯科。

 

大きな病院の紹介状を持っていったところ、

 

「ああ、このくらいのでしたら」と、快く治療と相成った。

 

それから半年、気分のいいものです:)

 

野菜も奥歯で咀嚼できるようになりました。

 

 

そうそう、歯が美しくなったおかげで、ある病が改善しました。

 

耳鳴り、睡眠障害、胃の痛み、イライラ、、

 

 

もしかすれば、長生きするかも、と。

 

 

写真 我が家の坂道

 

 

インスタグラム始めました。器の写真はこちらでも⤵

 

https://www.instagram.com/fujisawa_shigeo

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
2017.06.29 Thursday 13:32

 

 

近年、薪ストーブが流行りとなった。

 

写真の原木、交渉の末頂いたもの。

 

おおよそ、3トンから4トン、

 

一番上にのっかかっている木だけで、見るところ1トン。

 

さて、知り合いの石工に頼んで、ユニックで持ち上げる処まで行き着いたけれど、、、

 

田舎暮らしも、独りでは生きていけないのであります。

 

 

(小さな木のようですが、一番上ので凡そ直径40cmはあります。ケヤキのようですね)

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
里山の属性
2017.06.28 Wednesday 11:24

 

別に、飼ってるって訳じゃないけれど、、、

 

なにしろ、「里山の属性」ってところかな。

 

あ、犬じゃないんです。

 

一応、天然記念物。

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
デザインの世界
2017.06.25 Sunday 17:38

 

 

梅雨らしい気候になった。

 

玄関から望める風景を写真に撮る。

 

ふと 先日ラジオに流れていたDr.まあやの話を思い出した。

 

彼女はイギリスのデザイン学校に学ぶのだが、 日本の学校との違いについて述べている。

 

日本では「技術」に特化し、イギリスでは「コンセプト」を命題とするそうだ。

 

今日は、この山中温泉で「古九谷修古祭」という催しがあった。

 

現代作家の作品を拝見しながら、技法の高さを感じる。

 

因みに、「コンセプト」を辞書で訳してみると「概念」と記されている。

 

もっと、勉強しないとね、、、、反省してます!

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(2) | - | pookmark |
←back 1/162 pages next→
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM