福祉と結
2020.08.06 Thursday 11:55

 

 

 

そろそろお盆の時節になる。

 

田舎暮らしをしていると、太陽の光や風の囁きが秋を感じさせる。

 

僕のように都会生活者だった者にとって、季節はその当時気にもしなかったけれど「命」と密接だと思うようになってきた。

 

「結」という語彙は死語と化しても形式は残っている。

 

助け合いというか、都会にはない関係社会がある。

 

ふと考えてみると、フィンランドやスエーデンなど北欧諸国の福祉の充実はお互いが助け合っていかなければ「生きていけない」という現実があるからで、そのことを抜きにして福祉を云々してもこの国で福祉社会が成立することはないだろう。

 

僕は今雪国に暮らしながら、つくづく人とひとの繋がりの意味を思う。

 

それは大きな木をチェーンソーで切りながら、あるいは中古の除雪機を手入れしながら、また、薪のストーブを分解しながら。。。

 

それはリッチでもなんでもなく都会生活者だった頃は気にもしなかった「生きる為」の要素なのだと思う。

 

田舎暮らしをして25年になる。

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
陶芸家の仕事ではない、男の仕事
2020.08.03 Monday 19:45

 

 

今日は月曜日…

 

更新したつもりだったけれど…

 

この写真、先月の16日のもの

 

今は細君が絵付けしてる間に…

 

今やらないと

 

この冬過ごせない。

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
薪を作る
2020.08.02 Sunday 12:21

 

 

庭に積まれた10トン程の原木をそろそろ片づけしなくてはいけなくなった。

 

植木屋さんから貰った雑木、、

 

つまり、売り物にならない木だから厄介だ。

 

樫、ケヤキ、椎木。。。

 

まず、斧では割れない。

 

それでも、割って薪になった木からほのかに酵母の甘い匂い。

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
夏の季節
2020.07.30 Thursday 09:15

 

 

 

里山暮らしとは

 

何もしないと、樹々や雑草、動物たちにすまいが侵略される。

 

まぁ、自然界と人工界とのせめぎ合いの緩衝地域だ。

 

昨日の収穫は育ちの良いミョウガ…

 

そのミョウガも、土から顔を出してくると日焼けし、硬くなる。

 

早速食してみる、いよいよ夏の季節がやってくる。

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
アプリかwebか。。。
2020.07.25 Saturday 15:43

 

 

「アプリかweb」か。

 

報道では最近の商品の販売がスマホかパソコンか二極化しているようになったと言われている。

 

そこで、早速我がブログの訪問者の傾向を調べてみると、

 

スマホはwebの約8倍強という結果が得られた。

 

お取引のある企業さんのサイトを見てみると、

 

明らかにインターネットというシステムのなかにホームページが築かれている。

 

今はアプリの時代だそうだ。

 

そろそろうちのパソコンも時代の流れから取り残されそうに思う。

 

アップルに入ったフォトショが勿体無くって。。。

 

まだ、捨てるわけにはいかない自分が情けない。

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
コロナ禍
2020.07.23 Thursday 16:49

臨死というのを体験したことがある。

 

十数年前、病名は「重症急性膵炎」といった。

 

この病気は相当痛い、三大疼痛と呼ばれている。

 

確か、入院して何日かした夜、黄色のお花畑が寝ている姿のまま高所に留まりその地平線に海が飛行機から見るように見えた。

 

「生きるか死ぬか」ではなくほとんどアウトに近かった。

 

点滴、中心静脈からカテーテル、酸素吸入、水枕、胸には心電図の計器、右人差し指には血中酸素計、膀胱には垂れ流しの管...

 

入院中は一切の食事が制限され、一滴の水も禁止、飴も舐めない、それが手術まで一ヶ月続いた。

 

 

入院が長くなると、担当さん(看護婦さんのこと)とも親しくなり、なんとか助かるんじゃあ無いかなぁって思える頃になると、相手の気遣いなど見えてくる。

 

その彼女は30代半ば、とても明るい女性であった。

 

ある時僕は、彼女に聞いてみた、「何故そんなに素敵な笑顔」か。

 

「それはね…ここではこうしていないと心が折れてしまうから」

 

今日は東京で300を超えたか感染者があるという。

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
My friend
2020.07.18 Saturday 16:13

 

 

Instagramに投稿するようになって3年になる。

 

僕のように、山の中の手仕事師にとって、

 

これは言わば「社会の扉」だと思う。

 

 

ところで、写真を投稿すると、「いいね」というアイコンの他に、

 

コメントを寄せてくれる人が居る。

 

そのほとんどが「外国人」で、美しいお嬢さんがそのコメントの後に、必ず「my friend 」と記してくれる。

 

 

今日の投稿は割れた18センチの皿を載せてみた。

 

割れた器の投稿は初めてだったが、さて…

 

「Jake」という若者は、実は彼は最近ステキなパートナーを得たばかりだが、

 

「🍺」というアイコンで応えてくれた。

 

「悲観するなよ、一杯やろう」という意味だ。(と思う)

 

 

言葉は分からないが、こんなコミニュケーションが取れるところが田舎暮らしの孤独を忘れさせてくれる。

 

素敵な投稿に「💙」マークを一杯に「いいね」するのが僕のスタイルになった。

 

それにしても…このブログ。。。

 

一度だって「my friend 」なんって言ってもらったことはないけれど、日本流も又むずかしいのさ。

 

 

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
新しい移住者
2020.07.16 Thursday 19:10

 

 

どうやら…

 

ウサ子ちゃんが移住してきたようだ。

 

この間も、曲がり角で出会い頭、、、

 

丁度、散り始めた梅の葉っぱをかじっているところを、パチリ!

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
「陶芸生活」Instagram
2020.07.14 Tuesday 21:12

 

 

暫くお休みしていたこのブログ…

 

新しい時代のそれぞれの方法論

 

YouTubeのアカウントはあるのですが、動画は苦手。

 

考えなくても扱えるソフトの使い方となると、

 

やっぱ、コレ!

 

もう一つのインスタのアカウントを設けました、⤵

 

「陶芸生活」です、宜しければ。。。

 

www.instagram.com/shigeo_fujisawa

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
それぞれの拘り
2020.06.22 Monday 16:42

 

 

 

「目を立てる」

 

上手に目立てができているかどうかは、その切りカスを見ればわかる、と言う。

 

石工のNさんはそれぞれの石の素材に合わせて「焼き」を変えるそうだ。

 

どんな仕事もそれぞれ拘るところがあっておかしい。

 

ところで、チェーンソーの目立てはヤスリを使うが、

 

おそらくそれは西洋から来たもので、「押す」というのが普通…

 

僕は偏屈だから、ヤスリを反対に持って「引く」

 

ま、今のところ上手に仕上がっている。

 

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/207 pages next→
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM