Win98seから20年
2020.02.29 Saturday 13:01

 

 

 

オンラインでうつわの依頼を受ける時代がやってきた。

 

この器はある料理やさんの好みで出来上がった。

 

「茶席で…」ということで、寸法も指定されている。

 

 

昨日は、ある銀行からQRコードの問い合わせがあった。

 

時代の流れの変わり目は、戸惑いと、新しい可能性への道を照らしてくれる。

 

Win98seを手にしてから20年経った。

 

 

写真 : 色絵花網文菓子鉢

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
玉取り獅子文七寸鉢
2020.02.28 Friday 14:55

 

 

 

百冊の本よりも一つのうつわ…

 

なんて書いてあったかどうか。

 

この器はカンボジアの土中から出た「発掘品」

 

見込みには「玉取り獅子」が染付で描かれ、

 

側面は内も外も上絵の具で描かれた文様が僅かに透けて見える。

 

本来はさぞかし豪華な使われ方をしたものだろうと独り空想の世界へと旅立つのだ。

 

そして…思うのであった。

 

これを「龍文様の青呉須手」に仕立て直してみようと…

 

今日、これを轆轤ひきした。

 

 

写真 : 玉取り獅子文七寸鉢

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
田舎暮らし
2020.02.27 Thursday 14:55

 

 

 

朝から晩までずっと薪ストーブを焚く。

 

だいたいこの運搬車一杯が一日分になる。

 

毎日、下の蔵から運んでくる薪の量は5束くらいかな。

 

今年は雪がないけれど、あってもなくても…

 

運搬車は田舎暮らしには必需品。

 

乗っかってるのは桜の木。

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
万暦赤絵の向付
2020.02.26 Wednesday 13:31

 

 

 

昨日ヤフオフからやって来た万暦赤絵の向付

 

公開キャプションには「大明嘉靖年製」銘とある、と記されていた。

 

ま、出品者には分かっていた事だけれど、落札者のおいらにもなんたなく理解できていた。

 

「近世の作である」とあったので、つまり写しと言うことになる。

 

届いた器を手にしながら、これをうちで作ったら幾ら程でできるか皮算用する。

 

あぁ…こんな向付が使えるところって、フ〜ま、やってみるか、と思うのでありました。

(最近はこんな田舎でも、ミッシェランの格付けに載って名前が売れている店が出てきた。

その店の場合は、器にもこだわりがあると聞く。茶陶の時代が去って、食器の時代になっている様に思う)

 

昨夜は、これを重曹で綺麗に古色を落とし、使ってみた。

 

なかなか良い(^^)

 

ところで、売れるかどうか分からない高いものをどうして作るのか、、、ま、それは需要があるからで、

安いものばかり作っていると、「手がそうなる」と、僕の師匠はそう言った。もう昔のことだけど…

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
ヤフオフ
2020.02.25 Tuesday 18:13

 

 

 

この仕事があるのも、古典が手にはいるからで、

 

この20年、ヤフオフのお陰で貴重な資料を手に入れる事が出来るようになった。

 

実は僕も、手元にある多くの資料や、使わなくなった道具をヤフオフを使って断捨離する積りでいる。

 

今は仕事で手一杯なので、いずれそんな時期になったらと、アカウントを押さえている。

 

ただ、この手のSNSを使った販売法は、ある程度この世界に習熟していないと乗り越えることは難しい。

 

そこで、なんでもいいから、出品の手続きを覚えるためにと考えているが、さて、どうなることやら…

 

まぁ、お茶飲み代程度になれば遊びでやってみようかな、なんて…どうなるやら。。。

 

 

写真 : ヤフオフでやってきた荷物、採寸を見てみると50と出た。きっと、これも大量に用意したもので、

送料も契約すると安くなる。

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
陶胎漆器
2020.02.23 Sunday 16:43

  

 

 

 

ここ石川県では3月になると渓流が解禁となる。

 

30年ほどまえ、この時期になると釣り竿をもって渓谷を歩いた。

 

この釣りは海や池と違い、得物を待つのではなくあくまでも、魚がいると思われるポイントを探し餌を水流に任せる釣りであり、魚に見つからないように岩陰に隠れ、姿を消し気配を断ちながらの釣りであった。

 

専ら山女魚狙いで、ヒットすると遊ばせる暇も与えず釣り上げる大胆かつ繊細な釣りであった。

 

山女魚は大物が川の流心に構え、流れてくる餌をまず先に自分のものにする、陶芸の世界に似ている。

 

その川の流心には強いものから順番に自分の場所をとり、よわい魚は当然餌にはあり付けないという、自然の摂理から逃れないようなっていた。

 

そんな一番小さな、餌にもあり付けない弱い山女魚は、どうなるのか・・・自らの世界を海に求めるのである。

山女魚は鮭科の魚で、渓流で落ちこぼれた種は、数年のあいだ海で成長し生まれた故郷の川に還ってくる。

そのときには陸封形の痩せた渓谷で育った山女魚とは似てもにつかわない巨大な魚となって仲間に交わるのであった。

 

このようにキーボードを打っていると、我と我が身、この陶芸の世界を垣間見るように思えるのだが、これは比喩でもなんでもなく、実態なのだ。

 

その魚は、その時点では、もう山女魚とは呼ばず、『サクラマス』と呼ばれている。

 

そんな釣りとも既に数十年経った、釣りを辞めた訳は、遊びで命を粗末にすることの悔悟かな。。。

 

今でも、山女魚の可愛い目を思い出す。

 

さて、長くなったけれど、これは三年振りにキーボードを打ってブログを書いているからで、これもこれからの練習ということかな。

 

何事も、好奇心をもちつづけること、だと信じているのだが。ま、細君は呆れている。

 

(ちょっとキーボードに慣れたかな・・・)

 

 

今日の1客 : 陶胎漆器 20年ほど前、漆芸家の築城康夫さんと共同で作った茶碗 

加賀市動橋にある『丸八製茶場ギャラリー』にて

 

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
US規格
2020.02.22 Saturday 20:29

 

 

 

インスタをやるようになって、pcからモバイルに、

 

あれから3年経って、キーボードともご縁が疎遠になっていたところ、

 

マックがやって来た。

 

まだまだ、これからも使えそうだと思い、US規格のキーボードをアマゾンから送ってもらった。

 

ipadもこれからこのブルーツースのボードで、と思っている。

 

どんなに時代が変わっても、陶芸(OS)もその「ハード」も……

 

5Gになるとどうなるか。。。

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
轆轤の仕事
2020.02.21 Friday 11:51

 

 

 

 

「その轆轤場から降りて、離れたところから(器を)見てみなさい」

 

僕の師匠はそう教えてくれた。

 

「背後を見る暇もない轆轤はしなくていい」

 

なにもかも初めての、陶芸の学校とは違った制作法。

 

あれから40年経った。

 

 

写真 : 湯呑みと飯碗

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
色絵飯碗
2020.02.20 Thursday 17:21

 

 

 

Wabi-Sabi japanというカナダの旅行会社がある。

 

数年前まで、この社と契約して外国の旅行者を受け入れていた。

(工房見学&体験教室)

 

とても質のいい富裕層(限りなく、だ)の方々であった。

 

通訳を交え楽しい時間を過ごせるのだが、本来の仕事のリズムが大幅に崩れ...

 

知人を紹介することになった。

 

オイラも英語が喋れるようになれば、、、、が、もう遅い。

 

覚えた先から忘れてしまう(^ ^)

 

歳だね(笑)

 

 

今日の1客 色絵飯碗

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
一昨年の冬
2020.02.14 Friday 17:28

 

 

春のような陽気で…

 

近くにある茶屋に出掛ける。

 

その茶屋の正面に、安南の茶碗が飾られている。

 

その横にキャプションが置かれていた。

 

「藤澤重夫様から頂いた安南の茶碗」

 

振り返ってみれば、僕は隠れるようにして生きてきた。

 

何処にも所属せず、市の工芸家の紹介から外してもらい、組合にも入らず…

 

だから、なんだか、売名行為では無いけれど、不思議に「恥ずかしい」

 

今度、名前を外してもらおうかなぁと思う。

 

 

写真 : 一昨年の17日

 

 

 

| 自己紹介と作品集 | - | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/199 pages next→
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM