雪の無い雪国から・・・・
2019.01.23 Wednesday 13:59

 

 

昨年の今頃は、大変な豪雪で、

 

ぼくの家もその影響をまともに受けた。

 

樹木の倒壊、停電、電話の不通、除雪車が国道に閉じ込められた1000台以上の車の方に駆り出され、

 

個人は後回し・・・・

 

 

寒さと空腹で、体調も悪化、仕事どころではない状態となった。

 

そんなわけで、今年は同じ轍を踏まない様に、

 

仕事場になっている場所に1500wのヒーターを設置。

 

 

ライフラインを絶やさない様に、山の中でも届くキャリアに携帯を交換。

 

薪ストーブ用の薪は2年分を確保。

 

 

さて、そんな時に限って、雪も降らない、、、、

 

ウーン、、どうなってることか・・・

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
トレンドが変形を求めている、のかな。。
2019.01.22 Tuesday 16:09

 

 

 

このところ、ぼくの仕事場は型を作るための場所になった。

 

アイテムが、一般の家庭向きでないところが、その原因の一つだが、

 

もう一つの理由は、時代が「ろくろモノ」に飽きがきている事もあるかもしれない。

 

 

ところで、陶芸の仕事と言ってもいろんな分野があって、型を作る「原型師」という仕事がある。

 

そんな事を考えながら、零細家内企業的に今日も型師の様な仕事に、、、

 

 

あ、いえ、ぼくのところでは、「原型代」は頂いていません、ご安心くださいませ。

 

焼き上がると、葉っぱはもっと小さくなります。

 

初めて作るわけですから、仕上がりが楽しみです。

 

 

写真 : 椿

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
印章を押す気合い
2019.01.21 Monday 13:55

 

 

今日のヤフーニュース、

 

「胆のう手術 武田双雲氏の変化」に目が止まる。

 

「腹痛を数ヶ月我慢した」と言う。

 

 

 

10年ほど前、ぼくも同じ様な腹痛を経験した。

 

しばらく我慢するも、耐えられない痛みに病院へ駆け込んだところ、

 

「重症急性膵炎」と、診断。

 

 

 

空中浮遊や幻覚、お花畑等、臨死体験をしながら、

 

やっと手術の日を迎えた。

 

入院が12月8日、その日は翌年の1月10日、つまり入院から一カ月、

 

その病院の地下にある手術室に寝かされ、麻酔医の好みの、と思われる美しいクラシックが流れる。

 

 

「今から、イチ、ニィ、サン、と数えますからね」と、これ又美しい看護婦、

 

この時、ぼくはこの手術室のもう一つの出入り口に目をやると、

 

若い外科医が直立不動の姿勢で待機している。

 

それはまるで「儀式」の様に厳粛で、古代の石棺の上に寝かされている様な錯覚さえ覚える様な、言わば「生け贄」のような状態であった。

 

「サンと言ったら、目が覚めますから、手術はそれで終わりです」

 

と言う話を聞いたのち、いよいよカウントアップして、目が覚めた。

 

 

 

今でも、病院で検査を受けると、

 

「ああ、ここにホッチキスありますねぇー」と訊かれる。

 

「何処でされたのですか」等々。

 

腹腔鏡手術で、死亡例がその後けっこう表面化するようになった。

 

ぼくの腹には三つの穴があって、今では誰が見ても表面からは分からない。

 

 

この季節になると、なんとなくその時のことを思い出す。

 

だから、ぼくには胆嚢が無い。

 

退院は1月の19日だった。

 

 

 

今日の写真 : 椿形豆皿の裏 印章を押すときは、厳粛にイチ、ニ、サンと気合いを込めます。

印章は(藤)  とても気に入ってます。

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
マチスのメガネ
2019.01.13 Sunday 17:13

 

 

 

「このフレームだとフランス製のがあります」と眼鏡屋が言う。

 

どうやら近視が進んだ様で、運転に支障が出ると困る。

 

そんな訳で、検眼を受けてみた。

 

 

どんなのがいいかなぁ、と、まず自分の髭が伸びた状態を想定して、

Ipadで、それらしい人物を検索してみる。

 

 

昔、ぼくはある俳優に似ていた頃があって、その当時はやっていた「TV番組」に、お誘いがよくあった。

 

ある日、そこにぼくの仕事場、(代々木にあったプロのスタジオ)の化粧室から出てきたその俳優と鉢合わせになり、お互いに顔を背けるという経験から、誰かに似た人物の同様のモノを身に付けることに多少の抵抗があった。

 

そのフレームは「3万ほどします」という。

その眼鏡屋は、ぼくのIpadを覗き込みながら、「学者みたいですね、、」と、

 

その写真は晩年のマチスの写真で、

「メガネと言うのはその方に合ったもの」でないとその存在に「負ける」という。

 

まったくよくいったもので、器も料理との相性がある。

 

そんな訳で、ぼくのメガネは「マチス」から、「クラフトマン」向きの器を邪魔しない形状になった、値段も5千円、日本製、バッチリだ。

 

鏡を見ても、どこぞの俳優に似ていないのが幸だ、取り柄はそのくらいかな、ハハ。

 

 

写真 : 折り紙手椿の葉っぱ 形豆皿 試作、といってももう作り続けている、注文品だけど、、、

これ、マチスの切り絵をリスペクトしたもの。仕上がりの予想は全く不明というところが、ぼくの生き方に似ている。誰かの生き方でないのが良い。

 

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
切り絵の仕事
2019.01.09 Wednesday 16:35

 

 

 

「マチスは晩年、ベットに横たわりながら切り紙で絵を描いたそうですね、、」

 

茶房でNさんが言う。

 

その夜、ぼくはその詳細をネットで調べてみると、どうやら彼は大腸ガンを患い絵筆も持てない身体になっていたそうで、

 

若い看護婦を助手に、紙に色を挿してもらいハサミを使った新しい表現方法を手に入れた、というような資料が出てきた。

 

 

後にマチスはこの彼女の依頼に応じて、教会のステンドグラスを制作するのだが、この時、病を得たかれの年齢は、確か72歳である。

 

個人差もあろうが、その彼が制作に向かうモチベーションとは、この一人の女性だったろうなぁって、、、

 

85歳までどんなに幸せだったろうかと、勝手なストーリーを仕上げながら、今年初めての試みに挑戦している。

 

 

ああ、羨ましい、ハハ。

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
年の初めのうつわ作り
2019.01.08 Tuesday 18:05

 

 

 

 

今年初めて、「茶房」に出掛ける、

 

コーヒーのお茶請けが小さな漆器の皿に、

 

その皿の見込に椿の葉とおぼしき文様、

 

普段だったら気づかなかったろうなぁ、、、

 

 

大阪の、ある割烹の若い亭主から、

 

椿の葉っぱの器の依頼、

 

見本に預かったのは永楽の菊の葉っぱ、

 

交趾」というやつだ、、、

 

菊はカタチになりやすい、

 

ツバキは凡庸な形状だ、

 

つまり、面白味に欠ける、

 

ま、色気が無い、ってのかなぁ、、

 

 

そこでふと、かのマチスの切り絵を思い出す、

 

ああ、切り絵調にやってみるか・・・・

 

 

今日はその原型が出来上がった日だ。

 

「茶房」のお茶もいつもより、

 

いやいや、いつもうまいけれど、

 

特別な気分で頂けた。

 

 

その茶房、「さろんど古九谷」、加賀市大聖寺の九谷焼美術館二階にある。

 

 

写真 : 粘土状態の椿の器  仕上げは注文通り、交趾も良し、染付良し、白磁良し、ってとこかしらね。

 

構想は尽きない。

 

 

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
自撮り
2018.12.28 Friday 17:36

 

 

 

いつだったか、自分の頭がどうなってるのか気になって、

 

iPhone でパシャパシャ、

 

どうも、ひと様にお見せできるような姿でないことが、

 

で、ハサミでバサバサと、

 

それが又、ムショ帰りの様な姿に、

 

先日、マチスの晩年の写真を見ていて、

 

アア、コレコレ。

 

ヒゲを伸ばし、自撮りしてみました。

 

はやくこの顔に見合うような仕事を、と。

 

来年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
師走の仕事
2018.12.11 Tuesday 16:40

 

 

 

 

 

そろそろ、雪の季節

 

毎年、同じような仕事の進捗

 

どうしてかなぁ〜

 

どうやら、この寒さが

 

今年はそんな訳で、

 

薪も山ほど作った。

 

それと、ロクロ場には1500wの遠赤外線ヒーター

 

さて、時間がないのだ。

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
新しく、より新しく
2018.11.06 Tuesday 12:16

 

 

 

 

便利なディバイスやソフトが開発されるなぁと感心する

 

以前撮った写真をノートパソコン(Windows)からipad(アップル)に転送

 

WiHi の環境下で一瞬の作業

 

数年後には依頼された器の制作も見本が3Dプリンターで届くようになったりすると、

 

もう、陶工という職種の中身も変わったりして ^_^)

 

ものづくりの仕事は、まずはキーボードかタッチの使い方から、なんて.....

 

 

写真 : 外国人の見学者と共に

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
創作と想像
2018.11.05 Monday 14:12

 

 

 

 

時として、作り手が予期しない使い方がある。

 

径 : 8X9cm

 

三つ足になっておりハート形

 

さて、作る方も創作だけど、使い手も創作やなぁって思う。

 

元々は何かって?

 

それは想像^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

| 自己紹介と連絡先 | - | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/179 pages next→
Search
Profile
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM